コロナワクチンの後遺症に関して

コロナワクチンの後遺症と、エイズの初期症状は同じである。
コロナワクチン接種後に体調不良があれば、エイズ検査が必要です。

口の中を見れば、帯状疱疹、大人の手足口病、長期の口内炎、唇にはヘルペス、舌には黒カビもしくは白カビ(口腔カンジダ)ができる。
これはエイズの初期症状である場合がある。

コロナワクチンが原因のエイズを特別にVAIDSという。
エイズであれば、感染(エイズウイルスが体内に入って)から発病するまでに平均5年がかかるが、VAIDSの場合はコロナワクチン接種後、平均1年で発病する。
これも個人差があり、ワクチン3回目接種後、数週間で発病している人もいる。
過去の多くの犠牲者を出した薬害エイズ事件の場合は、エイズウイルスを直接注射用の薬液と、輸血用の血液に混入させて被害を出した。

今回のコロナワクチンの場合は、成分のmRNAの配列の中に、 エイズの遺伝子を組み込むという方法では無いかと考えられている。

アメリカの裁判所は、これらのことを重く受け止め、ファイザー社に コロナワクチンの機密情報の開示を命令している。